ここでは映画館で放映されるソードアート・オンラインシリーズの劇場版完全新作。
(この記事でのネタバレは無し)

劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-
(以下、SAOオーディナル・スケール)

そのあらすじ、新キャラクターと声優キャスト陣
公開記念特番で放送された声優と各キャラクターへのコメントを載せていきます。

こちらで映画SAOオーディナル・スケールのネタバレ記事を書いています↓

映画ソードアート・オンラインオーディナル・スケールあらすじ画像

 

映画SAOオーディナル・スケールの世界観とあらすじ

原作者の完全新作オリジナルストーリー

今回の劇場版ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール-は
原作者である川原礫の完全新作ストーリーとなっています。

これはSAOファンは絶対に見逃せないですね。

Sponsored Links

 

2022年、茅場晶彦が開発したナーヴギア登場より4年。
次世代ウェアラブル・マルチデバイス「オーグマー」が発売される。

今作では現実世界が舞台となっていて
「オーグマー」という新デバイスが登場し一般的なものとなりつつある。

オーグマーはAR(拡張現実)機能を搭載した次世代マルチメディアデバイスで
覚醒状態の人間に視覚・聴覚・触覚情報を送り込むことを可能としたデバイス。

オーグマーを付けることで現実をARへと切り替えることが可能になった。

オーグマーが流行する中
アスナたちもオーグマーを利用するようになり、ARは一般的なものとなった。

しかし、キリトはフルダイブの方がいいとあまりノリ気ではない。

そのARで登場した新たなゲームが
ARMMO RPG「オーディナル・スケール」だ。

SAOで一緒に戦ったアスナたちやクラインたちが
オーディナル・スケールにハマっていく。

結局キリトも剣を握ることとなるが

そこに現れるオーグマーを流行させた張本人である
バーチャルアイドルのユナ。

更に、ユナと関わりを持つランキング2位の剣士エイジ。
オーグマー開発者の重村教授の陰謀。

オーディナル・スケールに異変が起こり始め
キリトたちは、彼らの思惑に巻き込まれていく。

 

映画SAO公式PV

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」特報第1弾

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」特報第2弾

「劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-」特報第3弾

 

映画SAOオーディナル・スケールの(新)キャラクターと声優紹介

キリト(桐ヶ谷和人) CV:松岡禎丞

ソードアート・オンラインオーディナル・スケールキリト

悪夢のデスゲーム『ソードアート・オンライン(SAO)』をクリアに導いた英雄。
別名『黒の騎士』。

アスナ(結城明日奈) CV:戸松遥

ソードアート・オンラインオーディナル・スケールアスナ

SAOでは閃光の異名を持つレイピア使いの少女。リアル世界でもヴァーチャル世界でも、キリトの恋人。

ユイ CV:伊藤かな恵

ソードアート・オンラインオーディナル・スケールユイ

元はSAOのメンタルヘルスカウンセリング専門人工知能(AI)。キリトとアスナをパパ、ママと呼び親のように慕っている。

リーファ(桐ケ谷直葉) CV:竹達彩奈

ソードアート・オンラインオーディナル・スケールリーファ

キリトの妹。剣道の腕前は全国クラス。『アルヴヘイム・オンライン(ALO)』では風妖精族の魔法戦士となる。

シリカ(綾野珪子) CV:日高里菜

ソードアート・オンラインオーディナル・スケールシリカ

SAOでキリトに助けられたビーストテイマーの少女。小竜ピナを使役する。ALO内では、猫妖精族の姿をとる。

リズベット(篠崎里香) CV:高垣彩陽

ソードアート・オンラインオーディナル・スケールリズベット

SAOでキリトの剣を鍛え上げたマスターメイサーの少女。アスナの親友で、愛称はリズ。

シノン(朝田詩乃) CV:沢城みゆき

ソードアート・オンラインオーディナル・スケールシノン

銃と鋼鉄のMMO『ガンゲイル・オンライン(GGO)』で狙撃手としてプレイする少女。キリトの助力によってトラウマを克服した。

クライン(壺井遼太郎) CV:平田広明

ソードアート・オンラインオーディナル・スケールクライン

ギルド風林火山を率いる刀使い。和装を好んで装備する。気さくな性格で、キリトとは腐れ縁の親友である。

エギル(アンドリュー・ギルバート・ミルズ) CV:安元洋貴

ソードアート・オンラインオーディナル・スケールエギル

SAOでは、商人であるとともに一流の斧使いとして攻略に貢献した。実は生粋の江戸っ子。

茅場晶彦 CV:山寺宏一

ソードアート・オンラインオーディナル・スケール茅場晶彦

SAOを生み出した天才ゲームデザイナー。アミュスフィアの元となったフルダイブマシン『ナーヴギア』を開発した。

 

劇場版に登場する新キャラクター

ユナ CV:神田沙也加

『オーディナル・スケール』内で初のAR(拡張現実)アイドルとして人気を博す歌姫。ゲーム内で彼女のステージに遭遇すると、特殊な効果を得ることができる。

エイジ CV:井上芳雄

ソードアート・オンラインオーディナル・スケールエイジ

キリトたちの前に現れた謎の青年剣士。『オーディナル・スケール』内で高いランクを誇っている。

重村教授 CV:鹿賀丈史

ソードアート・オンラインオーディナル・スケール重村教授

AR(拡張現実)デバイス『オーグマー』の開発者であり、日本における非侵略式(生体を傷つけない)ブレイン・マシン・インターフェース研究の第一人者。先鋭的すぎる研究スタイルから、電気生理学会では異端扱いされている。

画像の引用元:http://sao-movie.net/character/

Sponsored Links

 

映画SAOオーディナル・スケールの声優のコメント紹介

戸松遥「ソードアート・オンラインの魅力について」

劇場版ソードアート・オンラインオーディナル・スケール戸松遥1全世界の人たちが思う夢が詰まっている作品だと思います。

「こんな世界あったらいいのに、こんな事が出来たら夢のようなのに」

というのが、全然ゲームに詳しくない人たちでもスッと入ってくる夢の詰まった作品なので
本当に全世界の方たちに楽しんで頂ける素敵な作品だと思います。

 

戸松遥「アスナについて」

劇場版ソードアート・オンラインオーディナル・スケール戸松遥2

アスナはですね、未来に対して絶望じゃないですけれども、前向きに捕らえられなかった所からスタートしている中で
キリトと出会うことにとって少しずつ心を開いていって、恋愛に発展していくんですけど
世話をやきたがるというか、すごく面倒見の良い部分もありつつ
戦うときは誰よりも頼もしく戦ったりっていう、すごくギャップもある男らしい部分というかカッコイイ部分と女性らしい部分両方兼ね備えて持っている女の子だと思います。

 

松岡禎丞「ソードアート・オンラインとは」

劇場版ソードアート・オンラインオーディナル・スケール松岡禎丞1

ホントはただの普通のRPGなんですけど、自分で体験して自分で動かして、自分の体で戦っていくRPGなんですけどなんですけど
HPが0になったら現実の世界の自分も死んでしまう本当の意味でのデスゲーム。
ゲームだとリトライがあるんですけど、リトライがない。
リトライがない自分はどう戦っていけばいいんだろうかっていうのを考えさせられる作品かなと思ってますね。

 

松岡禎丞「キリトについて」

劇場版ソードアート・オンラインオーディナル・スケール松岡禎丞2

キリトっていうのは、一般的に考えるとどこにでもいる普通の中学生だったんですけど
自己犠牲がちょっと強いかなって思うんですよね。

作中だとアスナとゲームの中で結婚をして、アスナを守るためだったら、どんな犠牲を払っても構わないという姿勢を見せてくれるので
そういった想いは、誰にも真似できない人間性を持ってるというか
そこがキリトの良いところでありキリトの全てじゃないですかね。

 

鹿賀丈史「重村教授を演じるにあたって」


男のたたずまいというか、結構物静かな人ではかなと
表現は物静かだけど中身は熱いものを持っていると、そういう男性像になればいいかなと思います。

 

井上芳雄「エイジについて」

劇場版ソードアート・オンラインオーディナル・スケール井上芳雄
屈折したというか、闇があるというんですかね
傷がある人だって風に思います、みんなあるとは思いますけど。
それが強いというか。

 

神田沙也加「ユナについて」

劇場版ソードアート・オンラインオーディナル・スケール神田沙也加
ユナちゃんは、仮想現実でARアイドルという役で
でも実際にユナちゃんというキャラクター自身もとても人気があって
曲もカラオケで歌ってもらうという描写があったりするんですけど。
結構小悪魔的な可愛らしさがあったりとか、仕草ひとつひとつが可愛らしくって
男子からはもちろん女子からも可愛いなって、アイドルですね、歌姫ですね。

 

ソードアート・オンライン原作者の川原礫のコメント紹介

川原礫「全世界での公開について」

劇場版ソードアート・オンライン原作者川原礫2
公開する全世界の館数を聞いたときは・・・
(全世界で1000館以上が確定しています)

「何言ってんの?」と思いました。
「やめとけ」って思ったんですけど、「やめない」って言うんで(笑)

もちろん嬉しくもあるんですけど、同じぐらい不安ではある。

 

川原礫「劇場版を制作するにあたって」

劇場版ソードアート・オンライン原作者川原礫
劇場版ということで、新しい切り口がすごく欲しかったんですよね。

これまでのシリーズでもソードアート・オンラインというゲームがあり
アルヴヘイム・オンラインというゲームがあり、ガンゲイル・オンラインというゲームがあり

4つ目のゲームってなっても新しさとはもう違うものになっちゃうなと思ったので
もうこなったらゲームそのものの本質を買えてVRMMOからARMMOをいうものにシフトをしてみようって思ったんですね。

こちらで映画SAOオーディナル・スケールのネタバレ記事を書いています↓